抜け毛の原因になる生活を改善

生活習慣を改善して抜け毛を防ぐ

生活習慣による抜け毛の原因

抜け毛の原因というのは様々ですがその中の一つの生活習慣の問題というものが挙げられ、抜け毛にとってよくない生活習慣を続けてしまうとそれが抜け毛に繋がります。
ではどういった生活習慣が抜け毛の原因になるのかと言えばまず挙げられるのか、いくつかの原因が考えられます。

睡眠不足

ベットで寝ている女性

睡眠不足が抜け毛になる理由というのは成長ホルモンとの関係で、成長ホルモンが分泌されるのは質の良い眠りや深い眠りについている時で、睡眠不足で深い眠りに入る前に目が覚めてしまうと上手く成長ホルモンが分泌されません。
また髪に良い睡眠時間に眠ると特に成長ホルモンが分泌されるのですが、その時間帯というのが22時から深夜2時までの時間帯で、この時間の間に眠りについておくのが理想と言えます。

食生活

ハンバーガー

食生活の乱れというのも抜け毛の原因となる一つで、どんな食生活が抜け毛になる理由になるのかというとまず偏った食事は良くなく、こういった食生活を続けると栄養が偏ってしまい髪の毛に上手く栄養が行き渡りません。
他に食生活が抜け毛になる理由というのが飲み過ぎ食べ過ぎで、これらを行うと内臓器官の機能が低下し栄養素の吸収率が悪くなります。
栄養素の吸収率が悪くなると本来食事から摂れる栄養というのが摂れなくなり、たくさん食事をしているはずなのに栄養不足といった事態に陥りもちろん髪にも栄養が上手く行き渡らなくなる訳です。

逆に髪に良い食生活というのはなるべくバランスの良い食事を摂り、飲み過ぎや食べ過ぎをしないという事はもちろんなのですがそれに加えてイソフラボンという髪の毛を形成しているたんぱく質が多めに含まれている大豆製品を多めに摂ったり、血行の流れを良くすると言われる生姜を食生活に取り入れるとより髪に良い食生活となります。

喫煙

タバコを吸う人

そして喫煙も抜け毛の原因の一つになり、喫煙が抜け毛になる理由というのはタバコに含まれているニコチンが体内に入り込んでしまうとそこから血行不良に繋がるんですよね。

血行不良になると栄養の巡りが悪くなりますので他でどんなに髪に良い生活をしていたとしてもこれだけで髪の毛に栄養が行き渡りにくくなります。
また髪を作るために必要なビタミンCをニコチンは破壊してしまいますので、ニコチンを摂取するという事は髪の毛にとってかなり悪い事だという事を覚えておきましょう。

ストレス

ストレスで頭を抱える人

ストレスもまた抜け毛の原因の一つになります。
ストレスが抜け毛になる理由としてストレスを溜めると体の自律神経が乱れてしまい、血管の収縮を引き起こしますのでそこから血行不良となり抜け毛に繋がるんです。
またストレスでホルモンバランスが崩れる事もあり、急激にテストステロンが分泌されそこから抜け毛が始まってしまう事もあります。

パーマ・カラー

アフロ頭の人

実はパーマ・カラーも抜け毛に繋がる可能性があり、パーマ・カラー抜毛になる理由というのはパーマ・カラーの成分が頭皮を刺激して頭皮環境を悪化させてしまうからです。
パーマやカラーを繰り返していくと抜け毛だけでなく髪の毛の栄養が流出し髪の毛自体が細くなりますので、頻繁なパーマやカラーはやめておきましょう。